知窓学舎では日頃より、中学受験・大学受験指導に
単なる「知識」を詰め込ませる指導、テキストを読解する指導ではなく、
それぞれの生徒の個性に寄り添ったカリキュラムの上で
「探究的指導」を取り入れています。

その探究的な要素を切り取ってテーマごとに開講する講義が「探究講座」。
2016年度は季節講習時のみの開講でしたが、2017年度は月一回開講を予定しております。

知窓学舎塾生はもちろん、広く門戸を開き一般の方にも受講していただけます。

名称未設定-1.png

第四回目探究講座 

2017.5.6(土)

16:50~18:00
『渦』
担当:矢萩邦彦(知窓学舎塾長)
対象:小学5年生以上
定員:8名程度(先着順)
受講料:一般¥4,500/塾生¥3,500

「渦」といって何を思い浮かべるでしょうか? 
アンモナイト・つむじ・台風…etc この不思議なぐるぐる現象は自然界のあらゆるところに現れます。そしてそれらは古くから模様として親しまれ、象徴的・魔術的に扱われてきました。今回の探究講座は深遠なる渦巻きの世界に、皆さんをご招待。
幾何学・生物学・民俗学と大胆に横断しながら、螺旋構造の意外な機能について考えます。なんとカメとの関係まで!
時代を超える渦巻きの冒険へGo!

18:10~19:20
『「平等」を数学する』
担当:近内 悠太(数学コミュニケーター)
対象:中学生以上
定員:8名程度(先着順)
受講料:一般¥4,500/塾生¥3,500

科学や経済学の世界では現象を考察する際に、まずいくつかの定義や仮定をおき、そこから数学的に導かれるものを分析するという手法があります。
仮定とそこから導かれる結論の総体を「モデル」あるいは「数理モデル」といいます。
この講座では、簡単な数理モデルを扱い、哲学者、経済学者であったジェレミー・ベンサムの「最大多数の最大幸福」という言葉の意味、そしてその難点を考えてみたいと思います。






探究講座201705.06.jpg

画像をクリックして拡大

お申し込み・お問合せはこちら>>

第三回目探究講座

2017.4.2(日)

14:00~16:00
『マイコンレーサープログラミング教室』
担当:隈本 大介・北山 貴彦・木下 富雄・松崎 那央(外部講師・RENESAS/ルネサス)
対象:小学5年生以上
定員:8名程度(先着順)
受講料:一般¥5,000/塾生¥4,000
講習内容:
 ①プログラミング基礎講座
 ②キットを使ったプログラミング練習
 ③自分で考えたプログラムでアトラクションコースにチャレンジ


 「センサー」から入力した情報を「プログラム」で制御し、思った通りに動かす。
私たちが使っている機械はほとんどががそうやってできています。
今回の探究講座は、その仕組みを「マイコンレーサー」を使って、専門のエンジニアさんからプログラミングの基礎を教えてもらう体験型の講座です。
機械の仕組みを知ることで、夢のマシン、夢のロボットが現実になるかもしれません。
是非その第一歩を、踏み出してみませんか?
実際にプログラミングしたマイコンレーサーでタイムトライアルするコーナーも!
皆さんのご参加お待ちしています。






17630050_1851875498428557_2242449562988142950_n.jpg

画像をクリックして拡大

お申し込み・お問合せはこちら>>

第二回目探究講座

2017.3.18(土)

18:10~19:20
『江戸の発明家・平賀源内』
担当:矢萩邦彦(知窓学舎塾長)
対象:小学5年生以上
定員:8名程度(先着順)
受講料:一般¥4,500/塾生¥3,500
 発明というと何やらもの凄いことのような気がしますが、日本が誇る発明家平賀源内はひと味違います。「エレキテル」で有名な源内ですが、イベントを開催したり、キャッチコピーを作ったり、はたまた「屁」を分類してみたり、実に様々な活動をしています。この講座では、そんな源内の人生を追いながら、ゲームや作業を通じて「源内的発想」にチャレンジしてもらいます。

19:30~20:40
『「科学的に正しいこと」はなぜ正しいのか』
担当:近内 悠太(数学コミュニケーター)
対象:中学生以上
定員:8名程度(先着順)
受講料:一般¥4,500/塾生¥3,500
 よく、「○○であることが科学的に証明された」という言い方を耳にしますが、それはいったいどのようなことを表しているのでしょうか?過去の科学の歴史を見ると、科学的に証明されたと思われていたが、実はそれは間違いだったという事例も少なくありません。
そこで、この講座では、「科学的推論」について考えてみたいと思います。
私たちが普段、日常の中で行っている推論(冷蔵庫のプリンがなくなってるということは誰かが食べたに違いない、など)と、科学的推論の間に違いはあるのでしょうか?
・夜空はなぜ明るくないのか
・宇宙が膨張しているとなぜ分かったのか
という事例を扱いながら、科学的探究とは何かを考えてみたいと思います。






探究講座2017.3.18.jpg

画像をクリックして拡大

お申し込み・お問合せはこちら>>

第一回目探究講座

2017.2.24(金)

18:10~19:20
『ヒナマツリと民俗学研究』
担当:矢萩邦彦(知窓学舎塾長)
対象:小学5年生以上
定員:8名程度(先着順)
受講料:一般¥4,500/塾生¥3,500
 「人形」はなぜ作られたのでしょうか? 日本の歴史にはどんな人形が登場するでしょうか? 人間と人形は、歴史の中でたびたび交差します。ヒナマツリの起源を推測することから始まるこの講座では、人形からその時代背景を推理想像し、人形の持つ力と文化への影響を考えることで、教科書とは違う切り口で歴史理解を深めていきます。

19:30~20:40
『「思い込み」を数学する』
担当:近内 悠太(数学コミュニケーター)
対象:中学生以上
定員:8名程度(先着順)
受講料:一般¥4,500/塾生¥3,500
 普段、ものごとを考えたり、判断したり、意思決定をする際、実は多くの「思い込み」がそこに隠れています。先入観、認知的バイアスなどとも呼ばれますが、どうすればそういったものを避けることができるでしょうか?今回は「条件付き確率」という概念を使って、「思い込み」を数学してみたいと思います。






探究講座2017.2.24.jpg

画像をクリックして拡大

お申し込み・お問合せはこちら>>

名称未設定-1.png